Department of Gastroenterology & Neurology,Faculty of Medicine,Kagawa University

香川大学医学部 消化器・神経内科学

image

診療案内(胆膵)

診療内容

対応疾患

 膵、胆嚢、胆管の各種疾患(癌、炎症、結石など)

 これらの疾患に対してERCP、EUS-FNAを含めた検査を行い、術前診断、胆道ドレナージ、結石除去を行っています。
また、膵・胆道系の悪性腫瘍は早期発見・治療が困難な、難治性の腫瘍です。
癌の確定診断のためにERCPや超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)を多くの症例で行っています。

  悪性腫瘍に対しては、質の高い診断を行い切除可能な場合は外科へ紹介し、切除不能な場合は内視鏡を用いたステント治療を行い、患者のQOLを維持したまま抗癌剤による化学療法を積極的に行っています。個々の症例別に治療方針を決定し治療を行っています。

  膵胆道癌の化学療法については、塩酸ゲムシタビン(ジェムザール)やTS-1(ティーエスワン)などの薬剤を中心に、通院で外来化学療法を行っています。外来化学療法を行うことで患者様の生活レベル(QOL)の改善を目指しています。

ERCP(内視鏡的逆行性膵胆道造)を用いた治療

 胆、膵疾患に対する内視鏡的治療全般を行っています。鎮静剤を使用しますので、苦痛はほとんどありません。膵石、主膵管狭窄(慢性膵炎)、膵仮性嚢胞、肝内結石などに対する内視鏡的治療なども行っています。

総胆管結石に対する治療

 総胆管結石を内視鏡的に摘出する方法です。鎮静剤を投与して施行しますので、苦痛はほとんどありません。ほとんど全ての総胆管結石を内視鏡的に治療しています。

閉塞性黄疸に対する治療

 内視鏡を用い、狭くなった胆道に金属やプラスチックのチューブを挿入して、黄疸を下げるとともに症状を改善させます。手術によらない治療、負担の少ない治療であり、30分~1時間以内に通常終了します。

胆膵関連イメージ

ERCP(内視鏡的逆行性膵胆道造)

ERCP(内視鏡的逆行性膵胆道造)ERCP

超音波内視鏡検査

 内視鏡に超音波検査のプローブ(探触子)がついているものを超音波内視鏡(EUS)といいます。エコー検査と違って、胃や腸の中の空気や腹壁、腹腔の脂肪、骨が画像化の障害になることもなく、観察目的の近くから高い周波数の超音波をあてることができるため、高い分解能の超音波観察が可能になっています。

 特に膵臓は身体の奥にあるため、膵臓の手前にある胃や腸のなかの空気や腹壁、脂肪が邪魔をして、通常の体表からの超音波検査では、エコーをとらえにくいという問題があります。そこで、膵臓の近くの胃や十二指腸から超音波(内視鏡)検査をすることで、膵臓の詳細なエコー像を確認できる超音波内視鏡検査が役立っています。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡ガイド下穿刺(Fine needle aspiration:FNA)

 病理検査を行うために、超音波内視鏡で膵臓周囲を確認しながら、膵臓の細胞を採取する超音波内視鏡ガイド下穿刺(Fine needle aspiration:FNA)が行われることもあります。FNAでは、超音波内視鏡を挿入し、胃から膵臓の腫瘍に針を刺して細胞を採取します。体外からでは検出不可能な病変組織や、小さな病変などが採取しやすい特徴があります。

超音波プローブ(IDUS)と超音波内視鏡(FNA用)の先端部

EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引生検)

EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引生検)EUS-FNA胆・膵グループメンバー
診療案内
  • 入局案内
  • 女性医師のみなさま
お問合せ

香川大学医学部 消化器・神経内科学

〒761-0793
香川県木田郡三木町池戸1750-1
TEL:087-891-2156
FAX:087-891-2158
E-mail:sannai@med.kagawa-u.ac.jp