基礎看護学領域

 
基礎看護学領域では、教育・研究・実践すべてにマネジメントサイクルを意識して取り組んでいます。

担当科目(内容)

 基礎看護学は、人間・環境・健康とのかかわりの中で看護を科学的に探究するとともに看護に関する問題を検証し、課題の明確化を行います。さらに臨地実習指導や現任教育、人材育成のあり方について学習します。また、対象の安全性と安楽性を科学的に実証した看護技術の実践への活用方法について理解を深めます。

修士研究内容、教員研究内容

基礎看護学領域修士課程を修了された大学院生の研究テーマ(一部)を紹介します。

  • プリセプター看護師のインシデントレポート記載に対する思いの変化
  • 壮年期腹膜透析療養者のライフスタイルの明確化
  • 院内暴力に対する看護師長のセーフティマネジメントの明確化
  • 手術室看護師が定着するまでのプロセスに関する研究

教員は修士生の修論テーマをもとに論文完成まで根気強く指導しています。

教  員

職名氏名専門分野等
教授 名越 民江 マネジメント全般(看護管理,人材育成,医療安全教育,実習指導)
准教授 南  妙子 看護技術,安全教育