母性看護学領域


女性とその家族の健康支援

担当科目(内容)

 女性の生涯を通じたリプロダクティブヘルス/ライツの視点から、生理的、心理・社会的な課題について探究する能力を養います。具体的には、女性のライフサイクルにおける健康問題や臨床場面の問題について関連する理論を用いて分析し、自らの研究課題を明確にすることによって、女性とその家族の健康支援への貢献を目指して研究を進めていきます。
 母性看護学特論Ⅰ・母性看護学特論Ⅱでは、リプロダクティブヘルスの概念に基づき関連する理論と知識、および研究の動向と研究課題について学習します。母性看護学演習・母性看護学特別研究では、研究課題を明確にし、女性とその家族の健康支援を目指した研究に取り組みます。

修士研究内容、教員研究内容

修了生の研究

  • 低出生児をもつ母親の産後の抑うつと育児困難感の推移と関連
  • ワーク・ファミリー・コンフリクト尺度日本語版を用いた就労妊婦のWFC6次元モデルの特徴

教員研究内容

佐々木睦子

  • 妊産褥婦の母性発達に関する研究
  • 母性看護実践能力習得に関する研究
  • 双胎妊婦の支援に関する研究


石上悦子

  • 助産師の乳がん早期発見に関する研究
  • 子供虐待に関する研究
  • 産科領域におけるアロマセラピーの取り組み

教職員

職名氏名専門分野
教授 佐々木 睦子 母性看護学
准教授 石上 悦子 母性看護学