在宅看護学領域


在宅看護の実践・教育・研究に貢献できる人材の育成を目指します。

担当科目(内容)

 在宅看護学特論1(在宅看護の歴史と変遷、ケアマネジメントや家族看護学など在宅看護に関連する諸理論と展開方法、在宅看護に関連する保健医療福祉制度、在宅看護の研究の現状について教授します。)
 在宅看護学特論Ⅱ(がん患者の在宅医療と看護、在宅緩和ケア、在宅ターミナルケアの現状を理解し、在宅療養者・在宅高齢者がよりよく生き切るための看護のあり方を考えます。また、在宅緩和ケアや在宅ターミナルケアにおける他職種連携やチームアプローチのあり方について考えます。)
 在宅看護学演習(学生の関心領域に沿って文献レビューを行い、研究テーマの明確化を図り、研究方法を検討後、研究計画書を作成することを目的に授業を展開します。)
 在宅看護学特別研究(学生の研究計画書を基に、修士論文を作成することを目的に授業を進めます。)
 看護教育学(在宅看護学教育の特徴、在宅看護学の授業展開、在宅看護実習教育の展開などについて教授します。また、PBL教育の実践とその効果について学びます。)

今まで指導した修士学生の研究内容

「訪問看護師の職業的アイデンティティに関する質問紙開発に関する研究」(香川大学)
「特別養護老人ホームにおける看護職と介護職の自然な死の看取りに関する認識」(前任校、三重大学)
「保健師の効果的な保健指導に関する認識」(前任校、三重大学)

教員の研究内容

 自宅で暮らす療養者(要介護高齢者)とその家族が、よりよい療養生活ができるよう在宅看護の課題に取り組んでいます。特に在宅高齢者に対する訪問看護師の質評価、在宅高齢者ケアにおける専門職のチームアプローチの質向上をめざした研究を行っています。病気や高齢になっても安心して自宅で療養し、その人らしい人生を完成させることができるケアシステムの構築を目指した研究を行っています。

教職員

職名氏名専門分野
教授 松井 妙子 在宅看護学 地域看護学