精神看護学領域

希望を紡ぐ精神看護学

担当科目(内容)

「精神看護学特論」
わが国の現代社会における思想の特徴と、その精神活動への影響について、生命論の立場から大局的理解を試みます。その過程で、歴史や文化に根ざした人間の精神の尊厳について考察し、自己洞察を深める機会とします。
精神の健康障害については、生活史の中で捉え、生きづらさの緩和や転換方法を、生活モデルに基づき検討します。自尊心に着目した看護アプローチや事例検討により、自他の成長につながる看護支援のあり方を探求していきます。

「精神看護学演習」・「精神看護学特別研究」

精神看護に関連する各自の発想を、研究として具現化することを目標として、研究目的を達成するための基礎力、科学的思考力を養います。自己の問題意識に基づく文献検討により研究課題を探り、研究目的の明確化、および目的を明らかにするための研究計画を立案します。演習や研究プロセスにおいて、他の看護研究者との議論における表現力や、一連の研究遂行にあたっての課題解決能力を身につけ、修士論文を完成します。

修士研究内容、教員研究内容

大学院生は、臨床経験や生活体験の中で抱く疑問や違和感から、自らのテーマで研究を進めています。現在の研究テーマは、認知症高齢者の介護家族の支援に関する研究、学生のメンタルヘルス支援に関する研究です。これまでの修士論文では、認知症高齢者の家族介護者の介護肯定感の形成に至る方略について、明らかにされました。
教員の研究テーマは、主に職種間連携を基盤として、地域で生活する精神障害当事者やその家族を支援するための方法論の開発研究です。精神科医療に携わっている方はもちろんのこと、精神看護に関心のある方々と、これからの精神看護を切り拓く研究を行えることを、楽しみにしています。

教   員

職名氏名専門分野
教授 渡邉 久美 在宅で認知症高齢者を介護する家族への支援に関する研究