医学系研究科看護学専攻(修士課程)アドミッション・ポリシー(入学者の受入れの方針)

◇入学者に求める学力・能力・資質等
大学院入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技術・理解力
*人間の各発達段階における全ての人とその家族のみならず、地域・社会をも対象にして健康問題からの回復若しくは健康の維持・増進、疾病予防、環境を健康に資するよう整備するために必要な学際的な知識と実践的技術・理解力

②思考力・判断力・表現力
*自らの論理的・科学的思考及び判断に基づき看護学に関する諸課題を説明できる表現力

③研究能力・応用力
*看護学に関する研究を遂行するために、看護現象を多様な角度から検討し、論理的に思考するクリティカルシンキングと問題解決のために必要な情報を収集する力・コミュニケーション能力といった基礎的技術・応用力

④探求心・意欲・態度
*看護学に関する専門的知識について学び、研究することに高い志・意欲・態度を持ち、創造的な探求心を表現できる能力

⑤倫理観・社会的責任
*人間の生命と尊厳の尊重を看護職者としての行動及び判断の基本とし、高い倫理観と豊かな人間性を備えているとともに、看護職の社会的責任を説明できる能力

⑥グローバルマインド
*看護学に関連する国内外の情報を理解する基本的言語能力及びグローバルな課題を地域的課題と比較・検討できる柔軟な発想力


◇選抜方法の主旨
○一般選抜・社会人特別選抜
一般選抜では、記述式の「英語」の学力試験により、国際的な情報を理解するために必要な基本的語学運用能力を評価すると共に、修学及び研究遂行に必要な思考力・判断力・表現力を評価します。「専門領域別試験」では、看護学分野に関する筆記若しくは口頭試験を実施し、その基礎的知識・理解力を評価するとともに、看護学の探求に必要な能力である論理的・科学的思考の資質を有しているか評価します。「面接」では、志望動機や研究に関する志向性を確認することにより、関心のある看護現象に対する基本的な知識及び自己の考えを適切に説明できる表現力と共に、広い視野で人々の健康問題に取り組む思考力・判断力・表現力と探求心・意欲・態度を評価します。また、看護職としての高い倫理観や豊かな人間性と看護職の社会的責任を説明できる能力を評価します。
社会人特別選抜では、大学院受験資格を有し、かつ、看護師、助産師、保健師又は養護教諭の資格を有し、これらの実務歴がある者又は現在、実務を行っている者に対して行います。一般選抜で実施される試験と併せて「面接」において、経歴及び研究計画書に基づき、看護に関する知識・技能・理解力を確認し、思考力・判断力・表現力を評価すると共に入学後の研究意欲を有しているかを評価します。

関連するページ