分子神経生物学

山本 融 教授
山本 融  教授

脳の成り立ちと破綻の分子メカニズム
  -その解析と治療法の開発をめざして

教 育

医学生の専門基礎科目としての生物学を担当しています。「社会人」として踏まえておくべき生物学のエッセンスと「医」の専門家として必要な現代生物学の概念と知識を習得することを目標とし、医学の大海へ泳ぎだしていくための準備運動を入念におこないます。

研 究

脳・神経系の誕生・成熟と、形成された神経回路網の維持機構を明らかにすることを目標に、種々の方法論とモデル系を駆使して研究をおこなっています。そして、こうして巧妙に構築されたシステムがどのようなきっかけで安定を失い「病気」となるのかをつきとめたいと考えています。現在、統合失調症や自閉スペクトラム症の新たな治療標的となりうるシナプス形成抑制因子の存在を明らかにし、まだ不明な点の多いこれら疾患の分子病態の解析と治療薬の探索を進めるとともに、種々の神経変性疾患の病理に通底する軸索輸送制御に関わる因子群の解析を通して、アルツハイマー病などの神経変性疾患の新たな診断・治療薬の開発に取り組んでいます。

教職員

職名氏名専門分野
教授 山本 融 神経科学、細胞生物学、病態生化学
教務職員 豊島 哲彦 生物学一般