眼科学

 

やさしい医療と誠実な医師の育成を目指します。

教 育

講義では眼科学の基礎知識とともにスライドやビデオを用いて最新の情報を提供します。 臨床実習では眼科検査の実習、手術見学とともに実際の検査や診察を通じて、より深い眼科知識の獲得と眼科診療の実際を体感することをめざします。
卒後臨床研修では指導医とともに診療を行い、様々な疾患の診断や治療を学び、眼科診療に必須の知識や手技の獲得に努めます。

研 究

基礎研究は、学位取得をめざす大学院生を中心に行っています。現在の主要テーマは、低侵襲(ダメージが小さい)網膜硝子体手術方法の開発と、緑内障に対する神経保護薬の開発です。
臨床研究は、網膜硝子体では最新の手術装置、レーザー装置、新たな薬剤の併用の導入でより低侵襲の手術をめざすとともに、倫理委員会の承認のもとに治療方 法が確立していない疾患に対する新しい治療を試みています。緑内障ではより正確に神経障害を把握できる検査方法の確立、難治性の緑内障に対する手術方法の 改良による手術成績の向上に努めています。

教職員

職名氏名専門分野
准教授 廣岡 一行 緑内障
講師 白神千恵子 黄斑疾患
助教 山下 彩奈 黄斑疾患
助教 藤田 智純 網膜硝子体
助教 新田 恵里 緑内障
助教 小野 葵 黄斑疾患
病院助教 請川 香里 緑内障
病院助教 小林 守 黄斑疾患
病院助教 中野 裕貴 網膜硝子体、涙道