法医学

木下博之 教授

人(ヒト)はどのように生き、
どのように死を迎えるのか

教 育

法医学とは医学的解明助言を必要とする法律上の案件,事項について,科学的で公正な医学的判断を下すことによって,個人の基本的人権の擁護,社会の安全,福祉の維持に寄与することを目的とする医学である.授業中に提示する多くの例から、診断や治療を行うにあたり、医学的知識の習得だけでなく、幅広い教養の必要性を感じ取り、医の倫理を身につける重要性を認識してもらいたい。

研 究

  1. アルコールやその代謝産物アセトアルデヒドによる生体反応について、アルコール代謝関連酵素 (ADHやALDH)のgene typeの違いやニコチン併用などによる影響を、ノックアウトマウス(ALDH2、ApoE)や分子生物学的手法を用いた解明
  2. 剖検例での薬物濃度の病態への影響評価
  3. 薬物による体温上昇メカニズムの解明
  4. 血液ガス分析の法医学実務への応用
  5. 体液・臓器中薬毒物の機器分析法の開発とその法医学並びに臨床医学への応用
  6. 環境要因が死亡に与える影響の評価

教職員

職名氏名専門分野
名誉教授 井尻 嚴  
教授 木下 博之 法医学、アルコール
講師
田中 直子 法医学、血液ガス分析の法医学的応用
助教 モストファ ジャーマル
薬毒物の脳内神経伝達物質への影響
助教 伊藤 明日香  
実験助教(技能) 大井 敏彦  
技能職員 高倉 彩華  
事務職員 長野 朝美  
非常勤講師 飴野 清  
協力研究員 飛梅 董  
協力研究員 組橋 充  
協力研究員 山村 武彦