医学教育学

岡田 宏基 教授

夢と誇りをを持ち、常に科学的に思考し
地域に根ざした医療人の育成を目指す

教 育

当講座は、医学教育全般にわたるコーディネーターの役割を担うとともに、全学年にわたる講義や実習も担当しています。またICT(Information and communication technology)を活用した医学教育(反転授業など)を導入しています。

  • 1年生:医療プロフェッショナリズムの実践Ⅰ
  • 2年生:医療プロフェッショナリズムの実践Ⅱ
  • 3年生:統合講義(症候論)、課題実習
  • 4年生:スキルスラボ実習
  • 5年生:医学実習Ⅰ
  • 6年生:医学実習Ⅱ
  • 全学共通:主題B、大学入門ゼミ、健康・スポーツコミュニケーション実技

研 究

[医学教育関係]
医療者教育における反転授業を活用したアクティブ・ラーニングの実践と質的評価
(挑戦的萌芽研究:平成27年〜平成29年度)
効果的・効率的な医学教育手法の開発とその評価

  • コミュニケーション教育の教育手法とその評価
  • 臨床推論能力を高めるための教育手法に関する研究
  • 医学生の適正な進路決定のための科目横断的評価に関する研究

日本の専門医制度における指導医像の研究-日本小児科学会を例として-
医学生が考える医師像からみた卒前教育アウトカムの検討-小児科教育を例として-

[心身医学関係]
現代版不定愁訴MUSの日本における頻度・プロフィール調査
(挑戦的萌芽研究:平成27年〜平成28年度)

[感染症関係]
卒前・卒後における小児結核教育プログラムの開発
地域における小児結核診療体制の構築

[スポーツ生理学関係]
ラット脳卒中モデルにおける運動によるプレコンディショニングの効果
(基盤C:平成24年〜平成27年度)
長期的持久運動がマウスの海馬神経細胞に及ぼす影響とそのメカニズム

教職員

職名氏名専門分野
教授 岡田 宏基 医学教育学、心身医学、総合診療医学
准教授 西屋 克己 医学教育学、小児科学
教務職員 住谷 和則 スポーツ生理学、医学教育学
事務職員 六車 由紀