血液・免疫・呼吸器内科学

norimitsu_kadowaki_2.jpg 
門脇 則光  教授

サブスペシャリティーをもった「総合内科医」の育成を目指す

教 育

血液疾患、膠原病・リウマチ性疾患、呼吸器疾患をカバーする当講座は、さまざまな臓器に及ぶ疾患を扱うことにより、全身に目配りするマインドをもった「総合内科医」を育てます。まず、丹念な問診・診察と論理的な検査立案という内科医としての足腰を鍛えます。さらに、悪性腫瘍に対する化学療法・分子標的療法・造血幹細胞移植、膠原病に対する免疫抑制療法、さまざまな感染症の治療といったバラエティに富んだ内科的治療を経験してもらいます。また、悪性腫瘍や難病の患者さんの生活面にも十分配慮する全人的医療を実践できるよう指導します。
このようなサイエンスとアートの絶妙のバランスからなる臨床医学の神髄を体得できるよう、学内と関連教育施設のスタッフが懇切丁寧に指導します。そして、専門医取得およびその先のキャリアアップを継続的にサポートしていきます。

研 究

血液内科は、香川県における主たる骨髄移植推進財団の移植認定病院であり、すべての幹細胞ソース(骨髄、末梢血幹細胞、臍帯血、HLA半合致)に対応しています。造血幹細胞移植にあたっては多職種チームを結成し、歯科医師、薬剤師、理学療法士、栄養士、看護師、ソーシャルワーカーといった様々な部門のエキスパートと連携して、質の高いケアを心掛けています。基礎研究では、今後の発展が期待されている造血器腫瘍に対する免疫療法の開発を行っています。
膠原病・リウマチ内科では、血管炎症候群治療の調査研究、関節リウマチ臨床疫学データベース構築などの厚生労働科学研究や、医師主導型の多施設共同研究を行っています。基礎研究では、関節リウマチの治療効果を予測するためのリンパ球の解析や、自己炎症症候群の遺伝子診断技術の確立に取り組んでいます。
呼吸器内科では、肺癌や間質性肺炎などの難治性肺疾患の診断と治療を中心に取り組んでおり、呼吸器外科、放射線科および病理部と定期的に合同症例検討会を行いながら、高度な集学的治療を行っています。基礎研究では、肺癌細胞の網羅的遺伝子解析結果を基にした治療薬選択システムの開発に取り組んでいます。

教職員

職名氏名専門分野
教授 門脇 則光
血液内科
准教授
土橋 浩章
膠原病・リウマチ内科
講師
今滝 修
血液内科
講師 石井 知也
呼吸器内科
助教 杉本 直志 血液内科
助教(学内講師) 金地 伸拓
呼吸器内科
助教(学内講師) 亀田 智広 膠原病・リウマチ内科
助教 植村 麻希子
血液内科
助教【輸血部】 横倉 繁行
血液内科
助教 中島 崇作
膠原病・リウマチ内科
病院助教 渡邊 直樹
呼吸器内科
病院助教 田所 明 呼吸器内科
病院助教 脇谷 理沙 膠原病・リウマチ内科