分子生理学

 
藤原 祐一郎  教授

生体分子の駆動機構を解明し、
生命の理を探求します。

教 育

《学部教育》

当講座では以下の授業科目を担当しています。

○生理学Ⅰ(医学科2年次)、生理・薬理実習(医学科3年次)
○症候論(医学科3年次)
○課題実習(医学科3年次)

《大学院教育》
○医学科博士課程:生体分子センサー特論、神経生理学、医科学概論・特論実技指導セミナー

研 究

イオンチャネルや受容体は、心臓や脳の電気的活動基盤となる機能の他、細胞の環境情報を受容して他のシグナルに変換出力する分子センサー機能、細胞のイオン濃度を調節する生体ホメオスタシスの維持に重要な膜蛋白質です。我々は、生命科学や医学における重要な課題に物理化学的な視点から答えることを目的として、電気生理学、蛋白質分析化学、構造生物学、計算化学などの手法を取り入れ、イオンチャネルや受容体の駆動機構を明らかにする研究を行っています。生命現象や病態像に蛋白質のミクロな挙動に基づく説明を与える分子生理学研究を展開しています。

教職員

職名氏名専門分野
教授 藤原 祐一郎 一般生理学、生物物理学
助教 董 有毅 神経生理学
助教 神鳥 和代 細胞生理学
博士研究員 アクラム・ホセイン 細胞生理学
事務職員 馬嶋 薫