歯科口腔外科学

minoru_miyake.jpg
三宅 実  教授

歯・顎・口腔の疾患を総合的に診療します。

教 育

  1. 歯・口腔の生理学的機能の理解
    健全な口腔・咀嚼の発育は、個体全体の発育にも大きく関わります。青壮年期また老年に渡って健康を維持するためにも健全な咬合の維持・保全が必要です。
  2. 歯科・口腔の病態の知識
    歯性炎症、顎骨歯原性腫瘍、咬合不全を伴う顎顔面外傷、歯牙萌出形態異常などその概論や治療学についての知識を学んでください。

研 究

  1. EPR(Electron Paramagnetc Resonance:電子スピン共鳴法)を用いた歯エナメル質での被曝線量測定Dosimetryおよび酸素分圧測定Oximetryに関する研究
    L-band EPRを用いた生体内EPR Dosimetryの開発で、低周波のspectrometerを用いて、生体から直接測定する可能性を検討し、現在では実用段階まで進めています。
  2. 口腔腫瘍における超選択的動注化学療法による白金製剤のdose-clearanceに関する臨床研究。高い臨床成績をあげています。
  3. 口腔インプラントによる顎補綴に関する臨床研究
    腫瘍や外傷で欠損した顎を義歯と口腔インプラントを使って補綴します。

教職員

職名 氏名 専門分野
教授 三宅 実
歯原性腫瘍・口腔外科
准教授 大林由美子
歯性感染症・口腔ケア
助教(学内講師)
小川尊明
口腔インプラント・顎変形症
助教 岩崎昭憲
口腔外傷、歯原性嚢胞
助教 中井 史
顎変形症,粘膜疾患