小児科学

”楽しくなければ小児科ではない”と”共に喜ぶ”
”成熟した小児科”

教 育

小児科の勉強や研修では、小児期の特有な発達生理、病態生理学的見地に基づいた理解が最重要であると考えています。このため卒前教育に関しては小児科特有の胎児からの発達(発達小児科学)の基礎知識を身に付けられるように指導し、卒後教育では小児科医としての喜びを体得できる研修を心掛けたいと考えています。

研 究

新生児脳酸素代謝グループでは、ベットサイドで測定可能な多チャンネル近赤外分光装置や時間分解装置を備えた機器を用いて未熟児・新生児の脳障害を予防するための研究を精力的に行っています。

黄疸・薬物代謝グループでは、ビリルビン代謝を研究し、新生児高ビリルビン血症の光療法におけるビリルビン代謝の全容を世界に先駆けて解明しました。現在でも、新生児期の生体試料中のビリルビンの光異性体及び抱合体の分析を行い、生後のビリルビン代謝を中心とした適応現象の研究をしています。
また、小児の薬物療法研究として高速液体クロマトグラフィーを用いて体液中の薬物濃度を測定し、発達薬理学の原点である新生児や未熟児の薬物動態を研究しています。

乳幼児運動発達グループでは、乳児幼児期における視覚認知機能についての研究や低出生体重児の脳波成熟度についての研究、そして新生児のgeneral movementについての研究を行っています。

教職員

職名氏名専門分野
教授 日下 隆

小児科学
胎児・新生児学
脳代謝、脳循環
遺伝子学

准教授
岡田 仁 小児科学
新生児ビリルビン代謝
小児血液学
腫瘍学
小児内分泌学
講師
岩瀬 孝志 小児科学
胎児・新生児学
新生児ビリルビン代謝
小児がん
小児内分泌学
助教 安田 真之 小児科学
胎児・新生児学
新生児ビリルビン代謝
新生児の脳機能
助教 西庄 佐恵 小児科学
小児アレルギー学
助教 近藤 園子

小児科学
胎児・新生児学
小児栄養消化器肝臓学

助教 小西 行彦 小児科学
小児神経学
助教 加藤 育子 小児科学
小児循環器学
助教 小谷野 耕佑 小児科学
胎児・新生児学
助教 中村 信嗣 小児科学
胎児・新生児学
病院助教 近藤 健夫

小児科学
小児栄養消化器肝臓学

病院助教 杉野 政城 小児科学
胎児・新生児学
病院助教 若林 誉幸 小児科学
小児腎臓病学