母性看護学

佐々木睦子 教授
佐々木 睦子  教授

母と子の健やかな未来のために女性とその家族の健康支援

教 育

  • 母性看護学では、全てのライフステージの女性、および女性と子ども・家族を対象に、女性の生涯にわたるリプリダクティブヘルスにおいて自己決定権の尊重と母性の健康増進を目指し、女性および家族の生活への援助について学習します。
  • 主な授業科目は、母性看護学概論、母性疾病論、母性保健対象論、母性援助論、母性看護学実習等です。講義で知識を学び、演習で体験し、実習で経験することによって、それまでの学びを統合させ理解を深めていきます。
  •  母性看護学実習では看護実践能力の習得に向けて、病棟実習以外に医学部附属病院MFICU(Maternal Fetal Intensive Care Unit)やNICU(Neonatal Intensive Care Unit)、助産外来、さらには地域の助産院実習も組み入れています。学生は関連部門での学びを通して、母性看護学への理解や職種・部門間連携と役割について学びを深めています。

研 究

佐々木睦子

  • 妊産褥婦の母性発達に関する研究
  • 母性看護実践能力習得に関する研究
  • 双胎妊婦の支援に関する研究


石上悦子

  • 助産師の乳がん早期発見に関する研究
  • 子供虐待に関する研究
  • 産科領域におけるアロマセラピーの取り組み

教職員

職名氏名専門分野
教授 佐々木睦子 母性看護学
准教授
石上悦子 母性看護学
助教

小松千佳

母性看護学