慢性期成人看護学

清水裕子 教授
清水 裕子  教授

病いにある人々の苦しみと生きる強さにまなざしをむける学習

教 育

慢性期成人看護学は、社会や家庭で役割を担う成人の健康を対象とします。特に、慢性疾患によって、長期にわたる治療ならびに生活の制限をうけた人々への支援を学習します。
清水の担当する学科目の中心は、成人看護学概論、成人慢性期援助論と成人慢性期・終末期実習です。実習は、実習前に看護実践能力試験(N-OSCE)で実習課題を明らかにし、慢性的経過を辿るがんの化学療法の看護、呼吸器疾患などの患者への看護をベット・サイドで学習します。実習の他、統合実践看護学では、看護クリティカルシンキングで思考パターンのフィードバックによる思考力養成、看護統計論では、看護研究の量的分析の基礎となる知識を習得する授業を担当します。

研 究

清水は、大学院において、成人看護学領域の特論および演習・特別研究、看護教育学、国際看護学を担当します。研究は、看護学・心理学・老年学にまたがる学際的分野であり、慢性成人看護学に関するテーマ、看護教育学に関するテーマ、ヒューマンケアに関するテーマ、老年学に関するテーマなどを含みます。

社会貢献

担当教授がプロジェクトマネージャーとして、独立行政法人国際協力機構(JICA)
から「カンボジア国 カンダルスタン郡の衛生教育改善のための学校保健室体制
の構築プロジェクト業務」(3年間)に係る業務を受託し、平成29年2月28日付け
で、受託事業契約を香川大学事業として締結しました。本事業は香川大学、香川
県、JICAと連携し行います。
本事業は、担当教授の「看護教育学」の社会貢献事業として実施しており、カ
ンボジア国教育省と連携して、カンダルスタン郡32小学校に保健室やトイレ建設、
手洗い指導などの衛生教育の方法を学校管理者や現場の教員に学んでいただき、
衛生教育を改善するものです。現地NGO(楠川富子代表、太田詩織現地調整員)
の現地調整と本学から医学、教育、看護関係者が派遣され、また現地教員の来日
研修などを行います。

JICA「草の根技術協力事業」(カンボジア)を実施します(香川大学公式HPへ)

教職員

職名氏名専門分野
教授 清水 裕子 臨床看護学 看護教育学 看護心理学 老年学
助教
山本 麻理奈
慢性期看護
教務補佐 太田 詩織 カンボジア現地調整員
教務補佐 浦松 歩 カンボジア事業国内調整員
協力研究員 楠川富子 NGO UDON HOUSE in Cambodia代表, JICA草の根事業現地ディレクター