タイトルイメージ

  The 55th Symposium of The Japanese Society of Microscopy in Kagawa

本文へジャンプ


協賛企業 (順不同)

日立ハイテクノロジーズ
日本電子
Leica
HREM
オックスフォードインストルメンツ
日本フィジテック
日新EM
日本FEI
TSLソリューソンズ
トプコン
ガタン
中西印刷
Nikon
Carl Zeiss
猪原商会
日進機械
香川サイエンス
大一器械
香川器械


後援

高松観光コンベンションビュロー

会期:
2011年9月30日(金)〜10月1日(土)

場所
サンポート高松 かがわ国際会議場


顕微鏡学が切り拓く次世代イメージング


ごあいさつ

日本顕微鏡学会第55回シンポジウム開催にあたって

実行委員長 荒木 伸一

香川大学医学部組織細胞生物学


第55回シンポジウムを平成23930日、101日に四国高松で開催させて頂くことになりました。第一日目には、特別講演と瀬藤賞受賞講演、懇親会、2日目には、装置、理論、材料系と生物系のシンポジウムセッションを行います。今回のテーマは、「顕微鏡学が切り拓く次世代イメージング」と題し、顕微鏡学各分野での新技術の展開とイメージングへの応用に焦点をあてたプログラムを企画させていただきました。顕微鏡に関する新技術開発やそれを応用した成果により大きな貢献をされ、そして現在も最前線で活躍中の研究者を特別講演者およびシンポジストにお迎えし講演を頂くことになっております。また、今回は、できるだけ多くの会員に参加発表の機会をというご要望にお応えし一般演題としてポスター展示発表を行います。熱い議論をかわし、広い分野の研究者間の親交をさらに深めて頂ければと願っております。

会場となるサンポート高松・かがわ国際会議場は、JR高松駅前にあり岡山駅からは快速で瀬戸大橋をわたり一時間以内で着くことができる四国の中では最もアクセスしやすい会議場ではないかと思います。瀬戸内の穏やかな海に面し、窓からは海を行き交う船と小豆島、直島などの島々、源平合戦壇ノ浦の戦いで知られる屋島をのぞむことができます。少しでも多くの研究者にご参集頂き、このシンポジウムから顕微鏡学の更なる発展につながることを期待しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


What’s New!

2011/7/11 プログラム掲載しました。

2011/5/23 一般演題(ポスター展示)募集 (締め切りいたしました。)

2011/5/23 ホームページ開設いたしました


日本顕微鏡学会第55回シンポジウム事務局
〒761-0793 香川県木田郡三木町池戸1750-1
香川大学医学部組織細胞生物学
Tel 087−891-2091 Fax 087-891-2092
e-mail: anatomy2@med.kagawa-u.ac.jp
   Copyright 日本顕微鏡学会第55回シンポジウム実行委員会 2011