HOME アクセス・観光 プログラム
市民公開講座
発表者の方へ
 
事前参加登録 演題募集 宿泊・懇親会
機器展示・広告
プログラム・市民公開講座
分科会

分科会

-看護部門-
「 1.看護師確保対策と人材育成 」 「 2.看護情報の標準化と共有化 」


1.看護師確保対策と人材育成
・ITネットワーク、e-ラーニングを用いての医療従事者の職場復帰支援
座 長:森本 加代子 香川大学医学部附属病院看護部副部長
演 者:大原 信 筑波大学病院医療情報部副部長
    「大学病院における業務・教育システムの融合を目指して
                            -筑波大学附属病院の取り組み-」 要旨

演 者:森岡多栄子 香川大学医学部附属病院看護部副部長
    「育児休業中看護職員職場復帰サポートの試み」 要旨

演 者:角谷 知恵美 和歌山県立医科大学附属病院 看護部副部長
    「キャリア開発支援システムの構築 」 要旨

演 者:下左近 寿美 東京大学医学部附属病院 看護部
    「「Re-ナース」プランの取組みについて
      −社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業−」 要旨

2.看護情報の標準化と共有化
・電子カルテ運用における看護支援システムのあり方
・地域の医療機関を相互にむすぶITネットワークと地域連携パス

座 長:宇都 由美子 鹿児島大学医学部保健学科地域看護 看護情報学准教授招待
    「看護情報の標準化と共有化」要旨

座 長:松本佐和子 香川大学医学部附属病院看護師長
    「当院における看護診断過程の現状と課題」 要旨

演 者:藤本俊一郎 香川労災病院 脳外科部長
    「ネットワーク構築と脳卒中地域連携パスの作成・運用」 要旨

皆様からのご提案をお待ちしております。

-検査部門-
「感染制御への道程」


趣旨:細菌検査室の業務は、従来、依頼検体にたいして迅速で正確な結果を診療科に返すことであったが、様々な院内感染が社会問題になって以来、病院全体の感染症の制御という観点で、高度なチーム医療の一員として活動する事が求められるようになった。この分科会では、この機をとらえて、最近検査室の役割を再確認すると共に、感染制御の行程、そしてその意味について議論する。

座 長:酒巻哲夫 群馬大学医学部附属病院医療情報部教授 
座 長:藤田 準 香川大学医学部附属病院検査部長

演 者:根ヶ山 清 香川大学医学部附属病院検査部 
     「当院における感染制御システムの運用とその効果」 要旨

演 者:四方田幸恵 群馬大学医学部附属病院 検査部
     「感染管理システムに求められる機能」 要旨

演 者:棚橋洋子 新潟大学医歯学総合病院 検査部 
     「細菌検査室の業務と情報システム」 要旨

議 論:オーガナイザからDPCに関連したデータを提示し、ディスカッション

-放射線部門-
「 HIS-RIS-PACS  実務担当者が抱える諸問題について 」


HIS-RIS-PACSの構築には大変な時間と労力が伴います。「正常に稼働してあたりまえ」の目に見えない重圧を受けながら、診療放射線技師が構築から管理までの実務を担当している施設が多いと思われます。 その業務の実情は、病院内の運用上の制約やメーカサイドでの様々な制限により、解決するのに困難をきたす場合もあり、多くの悩みを抱えながら構築・運営しているのが現状です。 今回、それぞれ異なるメーカの病院情報システムを採用している3大学の実務担当者をパネリストとして話題を提供していただき、3大学の諸問題を共通認識として捉え議論できる糸口にしたいと思います。

座   長:阿部一之 佐賀大学医学部附属病院 放射線部

パネリスト:加藤耕二 香川大学医学部附属病院 放射線部 
       「HIS-RIS-PACS 実務担当者が抱える諸問題について」
        −主としてHIS-RIS 連携について−要旨

パネリスト:伊東賢二 高知大学医学部附属病院 放射線部 
       「HIS-RIS-PACS 実務担当者が抱える諸問題について」
        −総合医療情報システムIMIS の構築暦とPACS 導入へ向けての諸問題について−
         要旨

パネリスト:竹田浩康 浜松医科大学医学部附属病院 放射線部 
       「HIS-RIS-PACS 実務担当者が抱える諸問題について 」
        −システム更新時における標準規格導入の効果とフィルムレス運用への道程−
         要旨

-薬剤部門-
「 薬剤部門のコンピュータシステムの導入状況とその問題点 」


現在、「薬剤部門のコンピュータシステムの導入状況とその問題点」をテーマに準備を進めております。現状を調査して標準的なシステム化の状況を解析し、最新システムの事例を報告し、問題点については解決策を探るような情報交換を行うことを企画しております。

コーディネーター:芳地 一 香川大学医学部附属病院 

1.「薬剤部の医療情報システムの現状と問題点の報告(アンケート調査)」
  演 者:二宮 昌樹 香川大学医学部附属病院  
  ※国立大学附属病院薬剤部のコンピュータシステム導入状況に関するアンケート調査を実施

2.最近の薬剤関連の医療情報システムの事例報告
  (1)演 者:但馬 重俊 大阪大学医学部附属病院
    「調剤業務の電子化」
    ※処方せんや調剤録を電子化

  (2)演 者:守口 淑秀 愛媛大学医学部附属病院
     「 電子カルテシステム運用下での注射薬在庫管理」
     −非実施(返品)の扱いをめぐって−
    ※注射オーダで実施入力時の注射薬の在庫管理とその問題点  要旨

3.演 者:樋口 和子 香川大学医学部附属病院 
   「 医療情報システム更新における問題点と改善の事例
                 −香川大学病院薬剤部の場合−」

4.質疑応答、情報交換

-病院経営分析セッション-
「 国立大学病院管理会計システム(HOMAS)を活用した病院経営分析 」


国立大学病院管理会計システム(HOMAS)を活用した病院経営分析を主なテーマとして、データベースセンタ、HOMAS関連、 物流契約関連、セグメント情報等、事務サイドやマネジメント系の情報システム活用例の紹介と課題に関するパネルディスカッションを企画しています。

パネルディスカッション
座   長: 櫛山 博 東大病院副病院長 (事務部長・HOMAS幹事会座長)
企   画: 塩崎 英司  東京大学医学部附属病院経営戦略課長

- 診療情報管理士セッション -


座   長: 武田 裕教授 大阪大学医学部附属病院 医療情報部長
座   長: 長浜 宗敏  大阪大学大学院医学系研究科

演 者:上田 郁奈代 大阪大学医学部附属病院 医療情報部
     「 大学病院における診療情報管理士の現状について(アンケート調査報告) 」 要旨
   
演 者:倉田 知江子 三重大学医学部附属病院
     「 DPC 精度管理と情報活用への関わり方について  」 要旨

演 者:松浦 京子 香川大学医学部附属病院 診療情報管理室
     「診療情報管理室の立ち上げと運用に関する取り組み」 要旨
  
演 者:山本 実佳 東海大学医学部付属病院 診療情報管理課
     「 診療記録の質的評価に関する取り組み 」 要旨
    
演 者:長浜 宗敏 大阪大学大学院医学研究科
     「大学病院における診療情報管理士の役割」 要旨



関連リンク:大学病院HIM連絡会HP http://www.uhhim.umin.jp/


 

Copyright 2007 All Rights Reserved.