脳血管障害(脳卒中)は悪性新生物、心疾患に次ぐ、日本人の死亡原因の第3番目となる代表的な疾患で、寝たきりの原因の1番となる疾患です。高齢化社会や生活習慣病の増加により、その患者数は増加しており、その治療や予防が大事になっています。

 脳血管障害には血管が閉塞することや、血管の狭窄により血流が悪くなって起こる虚血性脳血管障害と、血管が破れて生じる出血性脳血管障害があります。虚血性脳血管障害は脳梗塞と、その前兆と考えられる一過性脳虚血発作があり、出血性脳血管障害は、脳内出血とくも膜下出血があります。それぞれの疾患に応じた治療法があり、適切な診断と早急な治療が患者さんの予後にかかわってきます。当院では脳神経外科と救命救急センターおよび脳卒中診療部が密接に連携して、迅速かつ安全な治療に当たっています。

 近年、脳血管障害に対する治療方法として、脳血管内治療が急速に発達・普及してきています。当院でもいち早くこの治療方法を取り入れ、安全・低侵襲に多くの患者様の治療を行っています。

ここでは、以下の疾患について説明します。