最近、内視鏡を用いて脳神経外科手術を行うことが多くなってきました。脳神経外科手術に用いる内視鏡を、「神経内視鏡」といい、これによる手術を「神経内視鏡手術」といいます。
 他の分野の内視鏡と同様に、神経内視鏡にも「硬性鏡」「軟性鏡」があります。硬性鏡は、おもに下垂体部腫瘍や脳出血の手術に、軟性鏡は水頭症などの脳室内手術に用いられます。


 ここでは、以下の疾患について説明します。