社団法人日本脳卒中協会香川県支部

ISLS/PSLS 香川

香川脳卒中初療コース

本コースは脳卒中初期診療に対する一定の手順にもとづいて、模擬患者(人形)を用いたシミュレーション研修を通じて、脳卒中初期診療に必要なスキルを身につけるトレーニングコースです。対象は、脳卒中にかかわる全ての医療従事者です。

ISLS/PSLS香川コースは、ISLSコースを開発した富山大学医学部救急・災害医学講座教授奥寺敬先生の指導の下、2007年12月1日に第1回コースを開催し、以後定期開催しております。内容は、奥寺敬先生の主催される剣コースに準じており、以下の4つのモジュールで構成されております。

  1. 意識障害の評価(意識障害の評価ができる)
  2. 脳卒中スケール(脳卒中の評価ができる)
  3. 呼吸・循環管理(脳卒中急性期の全身管理ができる)
  4. 症例提示(代表症例を通してアルゴリズムを理解する)

ISLS(Immediate Stroke Life Support)は主に救急外来での脳卒中対応、PSLS(Prehospital Stroke Life Support)は病院前での脳卒中対応になります。本コースでは、2008年9月6日開催の第3回コースより、「全ての医療従事者が同じ目線で脳卒中対応を学ぶ」を目標に、ISLSとPSLSを併せたハイブリッドコースとして開催しております。このことで、脳卒中発症から専門的治療に引き継ぐまでの対応を学ぶことができます。

本コースは、剣コースの支援、日本臨床救急医学会認定のコースで、日本脳卒中協会香川県支部主催で行っております。

コースディレクター

香川大学医学部脳神経外科教授 田宮 隆
香川大学医学部救急災害医学教授 黒田泰弘
富山大学医学部救急・災害医学教授 奥寺 敬

コースコーディネーター

高松市民病院脳神経外科 関貫聖二
香川大学医学部脳神経外科 中村丈洋

事務局 日本脳卒中協会香川県支部 副支部長 細見直永
開催責任者 日本脳卒中協会香川県支部 支部長 河野雅和

 

開催予定

第6回ISLS/PSLS香川コース 2009年9月5日 サンポート高松

受講料 10,000円 (前払 9,000円)

現在、準備中です。

第7回ISLS/PSLS香川コース 2009年12月26日 サンポート高松

注:第6回ISLS/PSLS香川コース以降の受講申込みは現在受け付けておりません。

開催履歴

第1回ISLS/PSLS香川コース 2007年12月1日 香川県県民ホール

 受講者35名(医師:2、看護師:3、救命士:27、医学生:3)

 スタッフ20名(医師:14、歯科医師:1、看護師:5)

第2回ISLS/PSLS香川コース 2007年12月2日 香川県県民ホール

 受講者37名(医師:15、看護師:20、救命士:1、放射線技師:1)

 スタッフ28名(医師:19、歯科医師:1、看護師:7、救命士:1)

第3回ISLS/PSLS香川コース 2008年9月6日  サンポート高松

 受講者40名(医師:9、看護師:18、救命士:11、標準課程:2)

 スタッフ36名(医師:17、看護師:11、救命士:7、医学生:1)

第4回ISLS/PSLS香川コース 2008年12月27日  サンポート高松

 受講者40名(医師:7、歯科医師:1、看護師:18、救命士:11、医学生:3)

 スタッフ53名(医師:19、看護師:17、救命士:16、医学生:1)

救急隊員脳卒中救急対応講習会 2009年1月21日、28日 香川県消防学校

 受講者(救急隊員:64+49)

香川県消防学校PSLSコース 2009年2月4日 香川県消防学校

 受講者46名(香川県消防学校救急科学生)

 スタッフ18名(医師4名、看護師7名、救命士7名)

第1回香川ISLSワークショップ 2009年3月28日  サンポート高松

 参加者37名(医師15名、看護師12名、救命士8名、医学生2名)

 ワークショップスタッフ5名(医師2名、看護師3名)

第5回ISLS/PSLS香川コース 2009年3月28日  サンポート高松

 受講生40名(医師8名、看護師16名、救命士14名、その他2名)

 スタッフ59名(医師19名、看護師24名、救命士12名、学生3名)