脳を包む髄膜から発生する(正確にはくも膜顆粒を構成するくも膜細胞から発生すると考えられている)腫瘍です。硬膜に付着し、ゆっくりと発生する腫瘍で、頭蓋内や脊柱管内に発生します。ほとんどが良性脳腫瘍(WHO分類GradeT)ですが、一部の髄膜腫に悪性度の高いものがあります(WHO分類GradeU〜V)。原発性脳腫瘍の26.3%を占める良性腫瘍では最も頻度の高い腫瘍で、成人に多く、ほとんどが30歳以降に発生し、女性に比較的多い腫瘍です。


 小さいうちは無症状なことが多いですが、大きくなってくると、周囲の脳や脳神経を圧迫することで症状を呈してきます。これらの症状は髄膜腫が生じた場所により異なりますが、脳の圧迫による局所症状として、運動麻痺や言語障害、感覚障害、視野障害、高次機能障害、痙攣発作を呈し、脳神経への圧迫症状として、視力障害や聴力障害、顔面麻痺、嚥下障害などを呈することがあります。また、腫瘍が非常に大きくなると頭蓋内圧亢進症状(頭痛、嘔気、視力障害、意識障害)を示すようになります。


 小さなものや、無症状で経過中にも増大を示さないようなものは経過観察となることが多いですが、症状を示すものや、無症状でも大きいものや増大傾向を示すものについては治療適応となります。治療は、手術による摘出が有効であり、腫瘍の発生した硬膜ごと摘出することで根治が望めます。発生場所によっては根治的な手術が困難なことがあり、術後にガンマナイフなどの定位的放射線治療を併用することがあります。摘出術後の再発は、手術での摘出度や腫瘍の病理組織所見によって異なります。腫瘍の肉眼的全摘出の上で、腫瘍周囲の硬膜や骨の処置もできた場合や、画像上で腫瘍が全く見られなくなったような場合での再発率は10年間で数%程度といわれています。ただ、2%ほどの髄膜種には組織学的悪性所見を示すものがあります。