はじめに

副腎とは、左右の腎臓の上にある小さな臓器です。これは様々なホルモンを作っており、非常に重要な臓器の一つです。

近年、副腎腫瘍はCTなどの画像診断の発達や内科等の他科の先生方のご協力によって数多く発見されるようになってきています。

当科でも2005年に科名を泌尿器科から泌尿器・副腎・腎移植外科に変更して、手術症例数が増加しています。

われわれの施設では腫瘍の大きさや悪性の有無、その他の条件にもよりますが、副腎の手術は基本的には腹腔鏡で施行しています。腹腔鏡手術では5-10mmの穴を3-4個あけるだけで副腎の摘出が可能ですので、術後の回復もおなかを大きく切る場合に比べてはるかに良好で、痛みもかなり少なくてすみます。また、美容的にもおおきなメリットがあります。

原発性アルドステロン症(PA)

わが国の高血圧症の患者は約4,000万人存在するといわれています。

この高血圧症の原因の一つとしてPAがあります。これは副腎からアルドステロンというホルモンが過剰に産生されることによって高血圧症などの様々な病態を引き起こしているものです。

近年、PAの患者は今まで考えられていたより遙かに多く存在することがわかってきました。報告にもよりますが、高血圧症患者の約5-20%がこのPAによるものだとされています。つまり日本全国で約400万人ものPA患者が存在しているものと推測されます。

もし、高血圧症の原因がPAであると診断できれば、手術によってよくなる可能性があるということです。副腎の摘出によって術後は降圧剤をやめたり減量したりすることができます。

診断は、血液検査やCT、最終的にはカテーテル検査で副腎静脈から直接採血してホルモン濃度を測定します。

最近では一般医家の先生のみならず、患者さんにも徐々にPAが認知されつつあり、それにつれて発見される患者も増えてきました。しかし、まだまだ十分に発見されているとは言い難い状況です。高血圧症の人、特に若年者やコントロールが不良の場合には一度主治医にご相談してみてください。

原発性アルドステロン症診断の手引き

 

副腎腫瘍

 

 

このページのTOPへ戻る