What's new新着情報

薬理学教室紹介

自分自身で組み立てた研究テーマについて、モチベーションを持って実験をおこなっていける環境作りに努めています

薬理学は社会貢献のため責任と誇りを持って先端的な研究を行い、明日の医学・医療の発展に貢献しうる全人的な医師・研究者の育成を目指しています。
国内外の多くの研究室と教室の垣根を越えた共同研究を実施し、幅広いテーマをターゲットに多くの基礎・臨床研究を行っています。
研究内容の詳細はこちらから

研究室メンバー

幅広い分野から,教室の垣根を越えて

薬理学教室は,3名のスタッフに加え,大学院生,外国人研究員(ポスドク),テクニシャン,秘書,さらに内科や薬剤部を中心とした各診療科からも研究者が集まり構成されています.
さらに多くの外国人大学院生やポスドクが在籍するため、すべてのミーティングが英語で行われており、小さな研究室ですがインターナショナルな雰囲気で活気に満ちています。
メンバー一覧はこちらから

Message西山教授からのメッセージ

社会貢献を目指した、垣根のない自由な討論と研究・教育

「社会のために如何に貢献できるのか、またそのためには今何をすべきなのか?」を常に自分に問いつつ、全力を尽くして教室運営を進めていきたいと考えております。
ホームページを通じて我々の活動に御賛同頂き、活動の輪が少しでも広がっていけば、この上ない喜びであります。

西山 成の来歴・研究業績はこちら
イメージ