先輩からのメッセージ

医学科 村井 勇太

医学科 村井 勇太実家が建築業を営んでいたので、子どもの頃は家業を継ぐつもりでいました。けれどいつからか医師を目指すことを考え始め、「父親の歩む道とは違うけれど、これも僕にできる親孝行だ」と気持ちをかためました。大学の医学部の社会的責務には、教育、臨床、研究の3つが挙げられます。香川大学はその中でも教育に重きを置き、将来多くの患者さんを救う医療人を世に送るため、見返りを求めない愛で学生を育む環境があります。自ら研究室や医局へ飛び込めばその思いを親身に受け止める熱い先生がいます。国際派の医療人を目指すなら、5年次からの臨床実習では海外での実習も行えます。また、人間形成の場として、部活動やサークルが大いに推奨されるのも香川大学の校風です。僕はバレーボール部に所属し、勉強や実習の合間に仲間と汗を流しています。卒後はいよいよ医療現場に立つ時です。医師を志した時の思いを胸に、今まで支えてくれたひとたちに、そして香川の医療に貢献できる医師像を追求し続けようと思います。医学に人生を賭ける覚悟がある皆さん。私たちとその「医志」を実現しませんか。

看護学科(保健師課程) 松岡 愛佳

松岡 愛佳病気を予防し地域の人の健康を守る保健師の仕事に魅力を感じ、私は保健師過程を選択しました。企業で働いている保健師の仕事を学べる実習、防災知識を深めることができる健康危機管理論など、香川大学でしか学べないカリキュラムがここにはあります。保健師経験が豊富な先生方もおられ、保健師資格取得に向けて充実した学習ができます。

看護学科(養護教諭課程) 谷岡 万理子

谷岡 万理子私は子どもが大好きで、子どもたちの心と身体の健康をサポートすることで皆の笑顔を守りたいと思い、養護教諭を目指しています。看護の勉強や実習で身に付けた知識、観る力、聴く力を活かして、「谷岡先生はよく見てくれている」「何かあったら谷岡先生に相談したい」と思われるような養護教諭になるのが夢です。

看護学科(看護探究科目) 延原 杏奈

延原 杏奈看護探究コースでは4年生までの学習内容をさらに深めた講義が行われます。演習では12誘導心電図装着や、急変時の時間を計りながらの対応を同級生相手に行います。認定・専門看護師さんの直接指導のもとより臨床に近い技術が学べると同時に、自分も将来は認定看護師を目指し患者さんにより良い看護を行いたいという夢も新たにふくらみました。

在学生からのメッセージ