大学院医学系研究科紹介

s-.jpg

本大学院医学系研究科博士課程では、旧香川医科大学時代から、医学の領域において、研究者として自立して独創的な研究活動を行うに必要な高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を備えるとともに、人間性に対し深く思索をする研究者を育成し、もって医学の進歩と社会福祉向上に資することを目的としてきました。

本学大学院医学系研究科修士課程は、生命と人間の尊重を基盤とし、保健医療、福祉及び社会の諸変化に柔軟に対応できる人材を育成することを目的としています。具体的には人々のQOL(Quality of Life)の向上を目指した科学的、実践的な課題解決ができる能力を有し、グローバルな視野で看護学の発展と人々の健康に寄与する研究を遂行できる人材の育成を目指します。

香川大学副医学部長(大学院教育及び研究担当) 南野 哲男

関連ページ