Wind of olive(オリーブの風)

手術室です

2021年7月 7日

こんにちは!手術室で勤務している4年目の看護師です!

手術室では、器械出し看護師として安全で円滑な手術を行うために医師の介助を行い、外回り看護師として手術全体を把握し、滞りなく手術が完遂できるようにコーディネートしています。

また、手術中だけでなく、手術の前日には術前訪問に伺い、患者さんとお話しすることで患者さんの状態を知り、安心して手術を受けることができるように介入しています。

術後は麻酔科医師と共に病棟を訪問したり、回復室で術後の観察を行ったりしています。

aa看護部ブログ(手術部-1).jpg

毎日様々な診療科の手術を行っており、各診療科医師だけでなく、麻酔科医師や臨床工学技士と連携をとり、患者さんが安全・安楽に手術を受けることができるように努めています。様々な疾患に対する術式があり、患者さん一人ひとり既往も違うため、それらに対応するために勉強することは多いですが、その分やりがいも大きいです。

勉強の一環として先日、手術中に起き得る危機的状況のシミュレーションを行いました。シミュレーションは看護師だけでなく、診療科医師や麻酔科医師にも参加していただき活発なシミュレーションが出来ました。このようなシミュレーションも毎年数回、違った状況を想定して行っており、どのような状況に陥っても冷静に対応できるようにしています。

aa看護部ブログ(手術部-2).jpg

今年も新しく9名の仲間が加わり、現在手術室看護師は総勢51名と多いですが、チームワークは抜群で、どんな些細な相談でもしやすい人や雰囲気でとても働きやすい環境です。

このページの先頭へ