Wind of olive(オリーブの風)

南病棟4階の魅力的な看護補助者紹介!

2022年8月 1日

病院内で青緑色のユニフォームを着た病院スタッフを見かけたことがあると思います。

その方達は「看護補助者」といい看護師の指示のもと生活環境に関わる業務(患者のベッド周囲の環境整備やベッドメイキング)や日常生活に関わる業務(身体清潔・排泄・食事の介助、車椅子を使用しての患者搬送)や診療に関わる周辺業務(看護用品および消耗品などの補充・整理整頓や看護職員が行う書類・伝票の整理や診療録の準備)などを行っています。

P1000705.JPG

南病棟4階の看護補助者はとてもしっかり者で魅力的な6名(日中4名、夜間2名)が勤務しています。

脳神経外科・脳神経内科病棟の特徴として、脳・神経・脊髄などの疾患から様々な障害により日常生活に介助を要する患者さんが多く入院しています。特にシャワー浴、清拭、オムツ交換、体位変換、ベッド搬送、食事、シーツ交換など看護師1人では難しいときに声をかけると快く助けてくれます。

看護補助者は様々な訓練(研修や演習)を積み大活躍、どんな困難にも頭脳と行動力で立ち向かう様子から南病棟4階の「チャーリーズ・エンジェル」(ちょっと古いですが)と呼ばせてください。

 看護補助者は定期的に看護技術、安全対策、感染対策などの研修を受けており、私たちも信頼してお願いすることができます。患者さんだけでなく、患者さんを取り巻く環境にも細やかな気遣いをすることができ「看護チーム」の一員としてなくてはならない存在となっています。

P1000702.JPG

これからも看護師と看護補助者がしっかりとコミュニケーションをとり、お互いを尊重しながら協働することで安全で質の高い看護サービスを継続的に提供していきたいと思います。



皆さんこんにちは、糖尿病看護認定看護師を紹介します!

2022年7月26日

東病棟5階は消化器内科・総合内科48床の病棟です。

消化管や胆膵疾患に対する内視鏡的検査・治療、肝疾患に対する集学的治療が行われており、生涯にわたり治療や自己管理を必要とする患者さんが多くいます。

今回は東病棟5階で勤務している糖尿病看護認定看護師を紹介します。

IMG_5239.jpg

お気づきでしょうか、東病棟5階は糖尿病内科の病棟ではないのですが、糖尿病看護認定看護師がいるのです。

糖尿病の患者さんが入院する病棟ではないのに、糖尿病看護認定看護師は何をしているのでしょう。

 

香川県は糖尿病の患者さんが多い県です。そして消化器、特に肝疾患と糖尿病は密接にかかわっています。

そのため病棟には糖尿病とともに生きている患者さんが多くいらっしゃいます。

糖尿病内科の医師に急いで聞くまでもないけど、気になったことを聞けたり、一人ひとりに合わせた支援のポイントで悩んだときに相談をしやすかったりと、些細な不安や疑問をすぐに解消できます。

 

糖尿病患者さんのフットケア方法についてです。実際に認定看護師が糖尿病患者さんの足をどのようにアセスメントし、ケアを行っているか、タイムリーかつ間近でみることができます。知識と実践がつながることで看護の面白さを感じることができます。

IMG_5242.jpg

認定看護師がどのような視点でインスリンを使用している患者さんの血糖変動をみているか、どのような点に注意が必要かなどのアドバイスを気軽にもらえることで患者さんへのケアに活かしていけます。

認定看護師と聞くと少し近寄りがたいように感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし東5階にいる認定看護師さんはそんなことはなく、休憩室では冗談を言ったり、子供の話をしたりしています。スタッフとして一緒に働いているからこそ、スタッフ同士の人となりがわかり、話がしやすい環境にあります。

 

患者さんにとって生活の場が治療の場でもあるのです。

一人ひとりの患者さんが、人生において何を大切にし、その人らしい幸せな生活を送るにはどうすればよいか、ともに考え、寄り添い、支援をしています。

 

ここまで読んでくださったみなさん!私たちと一緒に看護をしたくなってきたのではないでしょか。みなさまと共に看護できる日を心よりお待ちしています!



私のリフレッシュ方法紹介します!

2022年7月21日

こんにちは。私は総合地域医療連携センターで勤務している看護師です。

総合地域医療連携センターでは入院前から在宅までの支援を行い、患者さんが安心して療養生活が行えるように、病棟看護師やソーシャルワーカーとともに支援しています。

 総合地域医療連携センターには子育てをしながら勤務を行っている看護師がたくさんいます。私自身も現在小4の長男、小1の長女、年中の次男の3人の子供を持つ母親です。勤務形態は月曜日から金曜日の時短勤務をしています。休日には子供たちと過ごし、充実した時間を過ごしています。

 その中での私の一番のリフレッシュ方法を紹介します!

DSC_0513.JPG


小さいころから主人の影響で野球が好きだった長男が2年前より小学校のスポーツ少年団に入団しました。

主人もコーチとして参加し、毎週末、私自身も長女や次男とともに応援や当番に勤しんでいます。

屋外でのスポーツに縁がなかった私にとって屋外での活動はとても体力を消耗します。その上、長女や次男

も活発で応援とともに子守りが必要のため、夏は汗だくです...

しかし私自身も野球が大好きなため長男の活躍に一喜一憂し、楽しい汗を流しています。

また、学年を超えた保護者との交流ができることも楽しみの1つです。そして、長男の背中を見ていた長女

が入団意欲を示しています() 長女が入団すれば、子守り人数が減るため母にとっては大歓迎です!


HORIZON_0002_BURST20220716101822403.JPG

そのうち座ってゆっくり応援できることを夢見て、今は子守りと長男の追っかけを精一杯楽しみたいと思い

ます。こうして充実した休日を過ごしながら看護師として勤務できるという環境に感謝し、仕事と育児の両

立をこれからも続けていきたいと思っています。




アラフィフ看護師おすすめ!酵素ジュース

2022年7月19日

当院のNICUに勤務して11年目のアラフィフ看護師です。

突然ですが、皆さんは次の質問でいくつ自分に当てはまりますか?

1.  よく頭痛がする。頭が重い

2.  めまい、耳鳴りがする

3.  夜中に目が覚める。寝付きが悪い

4.  目の充血、クマができる

5.  くしゃみ、鼻水、鼻づまりがある

6.  咳がよく出る。喉がはれやすい

7.  舌が白い

8.  じんましん、発疹、にきび、肌のかゆみが出る

9.  多汗、寝汗が多い

10.   便秘症、便やおならが臭い

11.    食後すぐ眠くなる

12.    昼間に眠くなる

13.    むくみやすい

14.    手足が冷える

15.     集中力が続かない

16.     物忘れしやすい

17.     落ち着きがない、怒りっぽい

18.     疲れやすい

19.    無気力になりやすい

20.     生理不順、または生理中が重い

IMG_1625.JPG

これは、自分の酵素レベルを確認する指標です。

0/酵素が十分にあり、いたって健康!

13/酵素レベルは普通

46/消化酵素が不足気味

7個以上/消化酵素・代謝酵素ともに大幅に不足という結果です。

私は7個でした。消化酵素と代謝酵素が50%:50%の状態が健康な状態です。体内酵素の量が減ると、消化酵素が優先して働き、代謝酵素が不足するので代謝が落ちて、免疫力が落ちたり、太りやすくなったりします。近年のコロナ禍と年齢から健康に気をつけるようになりました。そこで、始めたのが酵素ジュース作りでした。どうして酵素ジュースって思うかもしれませんが、代謝酵素を補うことが出来るのは食物酵素なのです。もちろん、食物酵素なので食べ物の中に含まれていますが、多くの酵素を摂ろうと思うと多くの食べ物が必要になります。簡単に素早く摂ることができるのがジュースです。酵素ジュースは約4週間で完成です。写真の様な状態で、毎日瓶をまわして酵素を育てています。ジュースを飲んで、若い同僚と頑張っていきたいと思います。皆様も健康に気をつけて頑張りましょう。

IMG_1629.JPG




新人看護師研修の報告をします!

2022年7月14日

P1090523.JPG

新人看護師の皆さんも病棟配属になり、早くも3か月が経過しました。配属部署で先輩方の指導を受けながら、日々成長の真っ最中です!

  KNADSのチャレンジⅠ研修として、630日に「BLS研修」が行われました。BLSとは、Basic Life Supportの略称で、心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置のことを言います。BLSは、正しい知識と適切な処置の方法さえ知っていれば、医療従事者でなくとも誰でも行うことができます。


P1090538.JPG

BLS研修では、当院の認定看護師・専門看護師を講師として、BLSに関する講義を受けた後に、グループに分かれてBLSの演習を行いました。講師の丁寧な指導のおかげで、新人看護師の皆さんは全員、技術チェックも筆記試験も合格しました!おめでとう!



病院見学に参加してみませんか?

2022年7月12日

香川大学医学部附属病院では、当院で働く魅力を知っていただく機会として、病院見学を随時受け付けています。コロナ対策のため、病棟見学は中止していますが、外来・ヘリポート・宿舎などの見学は可能です。宿舎は2023年2月にリニューアルされますので、工事のスケジュールによっては見学ができない場合もあります。

DSC_0050.JPG


申し込み時に要望をお伝えいただけたら、できる限りの対応はさせていただきたいと思っています。実際に当院の雰囲気に触れていただける機会となっておりますので、どうぞ気軽にお申し込みください。申し込み方法は、HPに記載している連絡先に直接電話でお願いします。平日の13301500で希望日と、名前、連絡先、学校名・学年、聞きたいことなどをお伝えください。

リクルートグッズ.jpg

病院見学に参加された方には、なんと!当院オリジナルグッズをプレゼント!

駐車場代も無料となりますので、駐車券をもってきてくださいね。それでは、皆様とお会いできることを楽しみにしています。


南病棟5階 メンズナースの絆は永遠に不滅です!

2022年7月 5日

IMG_0627.JPG

皆さん、こんにちは。南病棟5階に勤務するメンズナースです。

南病棟5階は消化器外科・乳腺内分泌外科病棟です。ここでは、外科手術や術前後の放射線治療や化学療法を受ける患者様が入院されています。治療を受けられる患者様の不安に寄り添い、患者様が自分らしく生活できるように、多職種と関わりながら看護を提供しています。


IMG_0626.JPG

僕たち、南病棟5階のメンズナースは、個性豊かなスタッフ達に囲まれながら、いじられ役として場の雰囲気を和ませながら、力が強い!まわりのことによく気が付く!医者との関係性が良好に築ける!といった強みを生かし日々奮闘しています。また、男性だからこそ患者から受ける相談もあります。

コロナ禍になる前はメンズグループで勤務終わりや休日で食事会を行い、仲を深め合っていました。異動や退職に伴って関わりが薄くなりがちですが、メンズナースとしての絆は永久に不滅です!これからメンズナースを目指す方の手本になれるように精進し、よりよい看護を提供できるように頑張ります。



東病棟6階 この枕は何に使うでしょうか?

2022年6月30日

こんにちは!東病棟6階の2年目看護師です。


東病棟6階は眼科32床、皮膚科7床、整形外科5床、合計44床の混合病棟です。白内障、緑内障手術など眼の手術で入院される方が多く、年間1600件程度の手術が行われています。そのため、入退院の多い部署でもあります。(早いときは1泊2日で退院します)

入院される方は高齢者が多く、施設からの入院や介護サービスを受けている方がたくさんいらっしゃいます。退院後も安心して生活できるよう、外来や総合地域医療センターの退院支援看護師と連携し、入院前から退院後に向けて看護支援を行っています。

P1040411.JPG

突然ですが、クイズです!東病棟6階ではこのような変わった形の枕がたくさんあります。

治療に使うものですが、どのように使用するかわかるでしょうか?

P1040406.JPG

正解は『うつむき専用の枕』です。

網膜剥離で眼内にガスを入れた方は、ガスで剥離部分を押さえつけるために医師よりうつむきの体位指示が出ます。私達看護師は、患者にうつむき枕の使用方法について説明したり、入院中にうつむきを継続できるよう苦痛の緩和を図ります。

今年は2名のフレッシュナースが加わりました。熟練ナースの方々と一緒に1年生をフォローしながら、共に成長していきたいと思います。




新人看護師 私のペット紹介します!

2022年6月24日

インコ1.JPG

この春から西病棟3階に配属になった新人看護師です。西病棟3階は精神神経科病棟で急性期から慢性期の精神疾患を持った幅広い年齢の患者さんが入院されています。

4月当初はどんな疾患の患者さんがいるのだろうか、うまく対応していけるのだろうか、不安でいっぱいでした。しかし、いざ配属されてみると、プリセプターや先輩看護師の皆さんが常に温かく声をかけてくださいました。そのため、分からないことや悩んだことなども随時相談し、振り返りを行いながら学んでいくことが出来ました。また、病棟では法律や疾患、看護についての勉強会があり、そこで専門的な知識を深めることができます。このような充実した環境で日々経験を積むことができ、今では少しずつですが自信をもって出来ることが増えてきました。

でも、たまにはリフレッシュが必要です。写真はペットのセキセイインコです。名前を呼ぶと返事をしたり肩や手に乗ったりします。メスなので言葉を真似することは苦手ですが小さい体で精一杯愛情表現をして毎日私に癒しを与えてくれています。

インコ2.JPG

これからも、可愛いペットに癒されながら「患者さん一人一人に寄り添った信頼される看護」を提供できるよう日々笑顔で頑張っていきたいと思います。



南病棟6階 新人看護師3名にインタビューしました!

2022年6月22日

S6ブログ用2.jpeg

南病棟6階は、呼吸器外科、呼吸器外科、抗加齢血管内科の病棟です。

今年度は、3名の新人看護師を迎えることが出来ました。新人さんたちに、お話を伺ってみました。

 

―――入職して、2ヶ月、今の率直なお気持ちを聞かせてください。

Aさん「看護師として、まだまだ勉強することがたくさんあります。格好良くて、テキパキ働いている先輩方を見ると、私もこんな看護師になりたい!と、モチベーションにつながっています。患者さんのことを、第一に考え、寄り添うことができる看護師を目指して頑張りたいです。」

Bさん「プリセプターさんをはじめとする、先輩方が優しいです。丁寧に、指導してくださったり、助言をいただけたりします。毎日、様々な学びがあります。患者さんと接する中で得た、気づきを大切にしていきたいです。」

Cさん「初めての経験が多く、慣れないことばかりで、不安でいっぱいでした。でも、先輩方が、丁寧に指導してくださるので、少しずつできることが増えてきました。患者さんからの『ありがとう』を励みに、努力していきたいと思います。」

 

―――最近、うれしかったことや、休日のリフレッシュは、どのようにされていますか?

Aさん「初任給で、なかなか会えない両親と、生後3ヶ月になる甥に、サプライズでプレゼントを贈りました。」

Bさん「初任給のワクワクは、格別でした!キャンプが大好きなので、キャンプグッズを大人買いしました。キャンプでリフレッシュします!」

Cさん「休日は、カフェでのんびり過ごしたり、散歩にでかけたりして、息抜きをして、リフレッシュをしています。」

S6ブログ用1.jpeg

新人さんたち、頑張ってくれていますね!南病棟6階は、新人さんをスタッフ全員でサポートします。

何よりも、まず健康第一でいきましょう!



‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ