香川大学医学部小児科

教育と研修

教育と研修

地域病院関連施設のご案内

当医局は香川県内に複数の関連施設を持っており、それぞれの施設と連携しながら診療や研修を行っています。

島での診療や搬送を学べるのも当医局の特徴のひとつです。
小豆島町にある内海病院の山本真由美先生にお話を伺いました。

  • (スタッフと 2015.5 撮影)

  • (病児保育室 2015.8撮影)

先生は卒後どれぐらいから小豆島の病院で勤務されていますか?
私は香川医科大学を卒業したあと、大学病院小児科病棟、NICU、愛媛県での新生児医療研修を経て卒後3年目で小豆島の内海病院に赴任しました。 その後卒後4年目で結婚し、子育てをしながら卒後6年目で小児科専門医を取得し、島での診療を続けています。
内海病院はどのぐらいの規模の病院ですか?また、院内でどのような取り組みをされていますか?
小児科は6床ですが、島内で小児科の患者さんが入院できる唯一の施設なので、可能な限り受け入れています。当病院には産婦人科もあり、年間に170~180件のお産があります。基本的に母子同室での入院とし、赤ちゃんは小児科医がみています。また、病児保育や障害児の日中預かり、予防接種や乳児健診、保育園や幼稚園の園医、学校医といった地域の保健事業にも参加しています。 臨床の面では一般の外来診療に加えて、小児の虐待事例への対応、食物アレルギー負荷試験、発達遅滞や発達障害をもつ児の個別対応などを行っています。
内海病院小児科の勤務体制はどのようになっていますか?
常勤の小児科医は2名です。そのほかに香川大学から週に3回先生方に来ていただき、外来診療をお願いしています。また、週に1回は研究日として大学に勉強に行かせてもらっています。夜間や休日は常勤医でオンコールを行っています。
島ならではの苦労などありますか?
高度な医療が必要なケース、例えば呼吸管理が必要であるなどの場合には主に香川大学小児科やNICUに搬送しています。搬送の手段(フェリー、ヘリコプター、救命艇)の都合もあるので、当院での管理がいいのか、搬送が必要なのかの判断に困ることがあります。 また、小児科医が少ないので自分の得意分野にかかわらず全般的に診ることが必要ですがいろいろな症例が診られるので勉強になりますし、香川大学と連携して診療できるので安心です。
島での医療の魅力は何ですか?
赤ちゃんのころから継続して成長を見守っていくことができます。先日は、小学生のころ入退院を繰り返していた子が成人式のため帰省して着物姿を見せにきてくれました! また、当院は他科の医師や他の職種のスタッフとの距離が近いので相談しやすいです。自分が「こうしたい!」と思うようにできることも多いです。同様に病院以外の保健師や園・学校などとも子どもを囲んで支え見守る一員同士として相談したり新しいことをはじめたりすることができます。
島での生活の魅力は何ですか?
オンコール以外の休日はよほどでない限り呼ばれないので海や山など島の魅力を満喫できます。病院や地域にあるいろいろなスポーツの同好会で汗を流したり交流を楽しんだりする方もいます。子育てもしやすく子どもたちは外でのびのびと遊んで育っています・
島や地域での医療を目指す若い先生方に、メッセージをお願いします。
「島での医療」というと、あまりたくさんのことができない不自由で息苦しい医療環境というイメージがあるかもしれません。 実際は大学からのバックアップが得られることもあり安心して仕事ができますし、アイディアをだしながら地域に密着した診療を行うことができます。そのぶん人と人とのコミュニケーションが求められますが、自分の気の持ちようで十分楽しめる、充実した仕事ができる場です。若い先生方にも地域での医療をぜひ経験して、その楽しさを味わっていただきたいと思います。
Home   >   教育と研修   >   地域病院関連施設のご案内