香川大学医学部小児科

教育と研修

教育と研修

小児科コースの部屋

はじめに

小児科コースは、香川大学卒後臨床研修プログラムのなかで3名の定員(2016年プログラム現在)であり、
早期から本格的に小児医療を学べる研修コースです。
小児科コースで研修することによって、症例のひとつひとつを長期にわたって継続して学ぶことができ、診察・検査・診断・入院治療・退院後の外来診察までの流れを勉強することができます。また、夜間診療やサブスペシャリティー領域の診療も早期から行うことができ、様々な手技もマスターできます。
この部屋では小児科コースの実際について詳しく紹介します。

小児科コースってどれぐらいの先輩が取得しているの?
毎年多くの若い先生が小児科コースで研修を受けています。

小児科コース取得者(卒業年度別)

  • 平成22年 3名
  • 平成23年 5名
  • 平成24年 3名 
  • 平成25年 4名 
  • 平成26年 2名
  • 平成27年 3名 

Q. 先輩の声が知りたい! 〜 小児科コースで学んだ先輩の声を紹介します。

卒後4年目の荻田博也先生にお話をききました。

小児科医を目指したのはいつごろですか?どんなきっかけでしたか?
小児科を目指したのは中学2年生ぐらいでした。そのころ小児科によくかかっていたので小児科医を目指すようになりました。当時診てくれていた先生がのちに大学病院で勤務されていて上司となり、驚きました。
初期研修はどのように受けられましたか?
香川大学の小児科コースをとって初期研修を行いました。
1年目は院内の小児科と内科をまわり、2年目は小児救急や地域の小児医療を学びました。
卒後3年目以降はどのように研修していますか?
3年目の冬までは香川大学の小児科病棟、その後4年目の夏までは香川大学のNICUで研修をしました。4年目の夏からは再び地域の病院にでて、小児医療の勉強をしています。
小児科コースで良かったことはどんなことですか?
初期研修医の2年間のうち16か月も小児科でローテーションできたことです。上級医の先生と一緒に当直をしたことで、夜間救急診療の対応も指導していただけました。また、小児科は点滴や採血など、医師が行う手技が多く機会を多く与えられて手技が向上しました。
研修中にどのような手技ができるようになりましたか?
採血・点滴確保は数え切れないほどさせていただきました。新生児室の患者さんも、外来の患者さんも大学病院ではすべて医師が採血・点滴確保を行うので勉強になりました。また、腰椎穿刺や骨髄穿刺、髄液注射もできるようになりました。
 大学の小児科でトレーニングしていたおかげで地域の病院で看護師さんが点滴がとれなかった場合に頼まれても困ることはなかったし、内科をローテーションしていても同期より上達していると感じることができました。
後期研修での当直はどのように行っていますか?一人では不安です。
約3ヶ月は上級医が当番制でコールについています。慣れない一人当直のサポートも充実しているので指導を受けながら少しずつ慣れていくことができます。
最後にこれから研修をうける後輩へのメッセージをお願いします。
小児科は手技も多く、学ぶ知識も多くて大変ですが、小児科コースで学ぶことでより早く身につけることができます。不安なこともあるかもしれませんがなんでも聞ける医局です。一緒に頑張りましょう!

最後に

是非一緒に勉強しましょう!お待ちしています!

(2015.6撮影)

Home   >   教育と研修   >   小児科コースの部屋