香川大学医学部小児科

教育と研修

教育と研修

小児科研修初期プログラム

はじめに

小児医療においては「子どもは大人の縮図ではない」と表現されるように、小児期の特有な発達生理、病態生理学的見地に基づいた理解が最重要であると考えています。「楽しくなければ小児科ではない」との伊藤進名誉教授の言葉のように学問的探究心を持ちながら、子供と共に発育する楽しみを臨床現場で獲得すべく、小児科医としての喜びを体得できる研修を心掛けたいと考えています。

小児科研修の全体のながれ

Step 1

小児科の診療に必要な基礎的知識、手技を指導します

 病棟では担当グループの一員となり、診察の基本、鑑別の仕方、検査のすすめかた、治療や治療効果の評価の仕方を学びます。
 カンファレンスやチーム内でのカンファレンスを通して治療方針のたてかたやプレゼンテーションの指導を行います。
 また、時間外の外来診察や救急外来では、上級医とともにファーストタッチを行い、問診や診察、検査や入院が必要かどうかの判断などを学びます。

Step 2

新生児診療を行えるように指導します

 特に小児科医が新生児医療に取り組まなければ、乳児死亡率は減少しないし、後遺症も減少しないと考えています。新生児診療を研修での義務化とし、新生児疾患の鑑別や治療行為が出来るように指導します。

Step 3

サブスペシャリティー領域を指導医とともに学びます

 小児科診療での領域は広範囲であるため、各人が専門的なテーマを持ち、小児科専門医と同時にサブスペシャリテイーとしての専門医が取得できるように指導します。

Step 4

地域医療が行えるよう指導します

 更に地域の小児科医の先生方に協力して頂き、香川県地域での独自の課題解決型教育や臨床実習の枠組みを構築したいと考えています。

目標

 小児科研修初期プログラムでは、研修終了後にSTEP1、STEP2を中心に習得できるように指導します。

研修コース

1.選択必須コース


2.オリーブかがわ研修コース


3.小児科コース


経験できる手技

一般的な手技
採血(新生児含む)
点滴ルート確保
骨髄穿刺
超音波検査(心臓、腹部)
人工呼吸器管理
特殊な手技
髄液注射
エコーガイド下腎生検
ビデオ脳波検査
内分泌負荷試験

指導体制

  • 小児科病棟、NICU(2年目、6か月程度)の診療チームに所属し、初期研修医1-2名に小児科後期研修医を1名配属し、チームの一員として病棟や外来の業務に従事します。
  • 小児科専門医12名、臨床修練指導医11名が指導を行います。
  • サブスペシャリティー領域では以下の資格をもった専門医・認定医が指導します。
  • 周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
  • 日本臨床遺伝専門医
  • 小児血液がん専門医
  • がん治療認定医
  • 日本血液学会血液専門医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 日本小児神経学会専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本消化管学会胃腸科認定医
  • IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント)
  • 日本感染症学会専門医

最後に

若い先生も多く、活気ある医局です。一緒にがんばりましょう!

香川大学医学部小児科での初期研修を希望される方は

香川大学医学部小児科

電話 087-898-5111(代)

メール syounika@kagawa-u.ac.jp

担当 安田(医局長)までご連絡ください。

Home   >   教育と研修   >   小児科研修初期プログラム