香川大学医学部泌尿器科学 教授 杉元幹史

すべての治療選択肢を公平に提示し、
世界標準の医療を提供いたします

香川大学泌尿器科のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

香川大学泌尿器科は、これまで泌尿器科がんと腎移植を臨床の二つの大きな柱として努力をして参りました。
高齢化社会を迎え、膀胱がんや前立腺がんなど、泌尿器科がんは年々増加してきており、ますますわれわれ泌尿器科の需要が高まってきています。泌尿器科がん治療においてはロボット手術や腹腔鏡手術を駆使し、可能な限り低侵襲な癌治療を目指しております。難治性のがんに対しては、手術はもちろん、放射線治療、抗がん剤治療、分子標的薬治療、ホルモン治療や免疫チェックポイント阻害剤などを適切に組み合わせた集学的治療を行っております。その前提として高いレベルのエビデンス(証拠)に基づいた、過剰または過小治療にかたよらない治療適応や方法の決定が重要です。さらに患者さんの生活環境や QOLを可能な限り損なわないことも大きな目的です。内科、外科、腫瘍内科、放射線治療科など、他科の多くのスペシャリストとの協力体制が充実していることは大学病院ならではの大きなメリットです。特に香川大学は各科の垣根が低く、風通しが良いことによって高い総合力を発揮できていると自負しております。
腎移植では県下で最大の移植施設として、腎臓内科と協力しつつ数多くの腎移植を継続的に実施してきております。また外科と共同で膵腎同時移植も行っております。
さらにわれわれは教育機関としての使命も担っており、学生・医師などの人材育成にも注力しています。誠実で謙虚な、どんな状況においても必ず正解にたどり着ける高い課題解決能力を持った真のプロを輩出すべく卒前・卒後教育に努力は惜しみません。
また、新しい治療法の開発やさまざまな臨床的疑問を解決し医学の進歩に貢献すべく積極的な臨床治験への参加や研究も怠っていません。

われわれは今後も患者さん中心のQOLを重視した、逃げない・寄り添う医療を目指してこれからも日々精進を重ねていく所存です。これからの香川大学泌尿器科の活躍に、どうぞご期待ください。

香川大学医学部泌尿器科学 教授
杉元幹史

診療、教育、研究